途上国ライフ

図工と体育と、ときどき英語。元公立中学校教諭、現途上国の小学校の先生。

Drukair ブータンへのフライト



今日で、(年始に一時帰国をしていましたが)

ブータンに派遣されてちょうど1年になります。

1日1日は長かったですが、

1年、という単位で考えると早かったです。

 

 

 

このタイミングで日本に帰ってみて、

自分のものの考え方や視点が

変わっていることに気がつきました。

そしてまたブータンに戻ってみたら、

『ブータンのこんなところ、やっぱりいいよね』

って、たくさん発見できています!

 

 

 

 

さて、今日はブータンに来るなら必ず使うことになる、

ブータンの航空会社について書きます。

 

ブータンには航空会社が2つあります。

・Drukair   -Royal Bhutan Airlines-

 国営航空会社、1981年〜

 

・Bhutan Airlines (通称Tashi air)

 民間航空会社、2011年〜


f:id:cradle111:20200115130308j:image

パロ国際空港に駐機している航空機。

手前がDrukair、奥がTashi airの機体です。

 

 

 

ブータンの国旗🇧🇹はオレンジと黄色ですが、

Drukairはオレンジ、Bhutan Airlinesは黄色がテーマカラーです。

 

 

 

私はDrukairしか使ったことがないので、

この記事ではDrukairについて!


f:id:cradle111:20200115121659j:image

 

国際線でも機体はコンパクトで、

日本の国内線と同じようなサイズ感です。

左右に3列ずつの6列シートです。


f:id:cradle111:20200115122031j:image


f:id:cradle111:20200115121938j:image

この日の混雑具合はこんな感じ。

3度乗りましたが、この日は1番空いていました。

だいたいの場合で座席数にはけっこう余裕があります。

 

 

日本からブータンに行く場合は、

①日本からタイのバンコク(スワンナプーム国際空港)へ

②バンコクからブータンのパロ(パロ国際空港)へ

 

 

というルートが一般的です。

ブータンには国際空港は1つしかないので、

必ずパロに降り立ちます。

 

 

Drukairはスワンナプーム以外にも、

ネパールのカトマンズ、

インドのデリー、コルカタ、ムンバイ、

シンガポールなどなど、

隣国を中心に10都市に就航しています。

 

 

バンコク〜パロ間はおよそ3時間です。

3時間なので、乗ったら割と早めに機内食が出てきます。

 

Drukairの機内食。
f:id:cradle111:20200115130454j:image

これはけっこうおいしかったです!

でも、たまにからくて食べるのがキツいときがあります。笑

さすがブータン、唐辛子の国。

 

機内食をいただいて、ぼーっとしているとあっという間に時間が過ぎます。

窓から見える景色が、だんだん山になっていきます。

 

 

空港に降り立つと、キングファミリーの

大きな写真がお出迎え。

ちなみに、これくらいのサイズの写真は

国内のいたる所にあります。


f:id:cradle111:20200115130700j:image

 

 

預け荷物受け取りレーン。
f:id:cradle111:20200115131056j:image


f:id:cradle111:20200115131105j:image

レーンの真ん中にはゾン(ブータンの伝統建築、お役所と僧院がひとつになった建物)の

ミニチュアがあります。

 

そしてみんな大きな段ボールを抱えています。

これはテレビですね!

外国でテレビをはじめとする家電を買ってきて、

ブータンに持ち帰る、という富裕層の方が多めです。

 

 

 

免税店もあります。
f:id:cradle111:20200115131600j:image

 

空港ホール。
f:id:cradle111:20200115131627j:image

柱の一本一本が、ブータンの伝統模様になっています。

これ、すべて手で描かれているのです!

 

このホールを抜けると、出口です。

 

 

 

 

最後に、、、

パロ国際空港は、

世界でもっとも着陸が難しい空港だそうです。

それもそのはず、山の国ブータン、

空港の滑走路のすぐ近くには山。

山、山、山。

熟練したパイロットでないと、着陸できないそうです。

 

私は、そんなパロ国際空港の

着陸前の窓から見える景色が好きです。

山スレスレ!

空港の周りは平ら、とか、埋立地だから海、とかいう概念をひっくり返されます。

みなさんにもおすそ分け!

 

 

 

 

Welcome to Bhutan, ぜひ遊びに来てください!笑