途上国ライフ

図工と体育と、ときどき英語。元公立中学校教諭、現途上国の小学校の先生。

🇧🇹 National Day 🇧🇹

12月17日は、ブータン112回目のナショナルデーでした。


f:id:cradle111:20191219152106j:image

 

国をあげてのお祝いムード!!

ブータンの正式名称は「ブータン王国」、「Kingdom of Bhutan」です。

 

この国では王様はとても愛されていますが、

この日は国民みんなの愛をいつも以上に感じる一日でした。

 

ナショナルデーには、キングファミリーが総お出ましするというのが通例のようです。

そのお出ましの会場は毎年異なるそうで、

ブータンに20あるゾンカク(県)を回っているそうです。

私たち日本人ボランティアが住むことができるゾンカク、

行くことができるゾンカクは厳しく定められていますが、

ラッキーなことに今年のお出まし会場は首都ティンプー。

この一年で、ブータンの人々と同じように、

「王様を一目見たい」という気持ちが高まっていたので、

「これは行くしかない!」と同期や先輩と見に行くことにしました。

 

会場となった競技場には、あふれんばかりの人、人、人。

まだ暗い早朝6時前から民族衣装を着て参戦しましたが、


f:id:cradle111:20191219152511j:image

すでに中はいっぱいで入れませんでした。


f:id:cradle111:20191219152619j:image


f:id:cradle111:20191220130855j:image

「門は開かないよ、もう中はいっぱいだから」

と警備員さんに言われても、

一縷の希望をもって待つ人々。

 

 


f:id:cradle111:20191219152726j:image


f:id:cradle111:20191219152747j:image

↑寒い中待つ人々のために、

温かいお粥(トゥクパ)の配給トラックが来て、

みんなに配られました。

 

 

私たちは、寒い中門の前で待ち続けるのは懸命ではないと判断し、

近くのカフェから様子を見ることにしました。

まさに高みの見物です。笑


f:id:cradle111:20191219153047j:image

 

 

スクリーンに王様が映ったり、

ちょっとでも門の前の警備員が動いたりすると、

うわぁーーっ、と門の前に殺到する人々。

こんなところからも国への、王様への愛を感じます。

 

 

 

会場内では、パレードやスピーチが行われていました。

この記念すべき日のために、

ポリスやアーミー、ボランティアの警備員さん、

ダンスパフォーマンスをする人々

(ほとんどは地元の学生です)は、

2ヶ月ほど前から練習していたそうです。


f:id:cradle111:20191219152336j:image

 

 

 

↓会場外から見えた中の様子です。

米粒のような、たーーくさんの人々が見えます。
f:id:cradle111:20191219153437j:image


f:id:cradle111:20191220131110j:image

 

※ちなみに、会場内ならびに会場外の

王様の姿が見える場所は、

全て、撮影禁止となっていました。

会場周りのエリアは一時的に携帯の電波が切られました。


f:id:cradle111:20191219173724j:image

カバンの中身をごそごそしたり、

スマホを出す素振りをしたりしようものなら、

ピーっと笛を吹かれ、その後警備の方からの

あつ〜〜い視線を受け続けることになります。

 

 

会場近くの公園では、

20あるゾンカクのご当地グルメが販売され、

その場でいただくことのできる

グルメフェアが行われていました。

このような企画をブータンで見たのは初めてで、

とっても楽しかったです!


f:id:cradle111:20191220020821j:image


f:id:cradle111:20191220111818j:image


f:id:cradle111:20191220111739j:image

 

けっこう賑わっていましたし、

欧米やインドからの観光客の方もたくさん来ていました。

 

 

グルメフェアでつまみ食いをしていたら、

ブォーーーーン、と、上空に大きな音が!

見上げるとお祝いのヘリコプターが飛んでいました。


f:id:cradle111:20191220020421j:image

 

 

 

 

1日中、国への愛、王様への愛、KINGDOMを感じ続けました。

同時に、「日本だったらどうだろうか?」

とも考えました。

日本人の自国愛は、ブータンほどではないかもしれないな、と思います。

 

つい日頃の忙しさで忘れてしまいがちですが、

自分の国のいいところ、いっぱいいっぱいありますよね。

外国で生活すると、日本のいいところがたくさん見えます。

日本のことがもっと好きになります。

 

日本人も、もっと日本大好き、って表現していいんじゃないかな!!