途上国ライフ

図工と体育と、ときどき英語。元公立中学校教諭、現途上国の小学校の先生。

【学校】ブータン流資金集め・ダンスショー

土曜日の夜、18時30分から、学校でFund Raising Showという名のダンスショーがありました。 ブータンの子どもたちの足元は、基本的にサンダル。 体育もサンダルです。だから子どもたちの足は生傷の痕だらけ。 最初は「危ないなあ、靴を履いてほしいな」と思…

【日常つれづれ】Blessed Rainy Day

9月24日は祝日でした。 その名をBlessed Rainy Day、雨の恵みに感謝する日だそうです。 雨が降るから水を得られる。水を得られるから生きられる。 だから、雨に感謝。 日本にいたときは、祝日があっても「うれしいな~お休みだ♪」と思うくらいで、 なぜ祝…

【学校】先生、なんで棒を持っているの?

私は日本の小学校で働いたことがありません。 だから、今小学校で働いていることは、私にとっては初めての経験です。 だからこそ、直面している問題がたくさんあります。 まず、子どもたちとの間には言語の問題があります。 私は英語が話せるけれど、小さい…

【学校・日常つれづれ】「ありがとう」の重さ

「ありがとう」について。 いま、この国で学校の先生をしながら、日本語も勝手に教えています。 子どもたちが、よく日常の会話の中で 「〇〇って日本語だったら何て言うの?」って聞いてくるからです。 興味をもってくれているんだなあ、と感じてうれしくな…

【学校】図工、(ちゃんと)はじめました!

ART

図工の授業について書きます。 夏休み前は、class 7と8 (日本でいう中学1,2年生くらい)の生徒に対して 週に1度、図工の授業をしていました。 任地に赴任してすぐに時間割について担当の先生と協議したとき、 「あなた暇でしょ?図工もやってね」 と言われ…

【学校・日常つれづれ】ここに来た意味と、新たな決意

ああ、なんと。。。前の投稿から2か月がたってしまいました。 私、SNSも苦手だし、文章書くのも得意じゃないし、こっち来てからもそんな大したことしてないし… なんて言い訳したい気持ちもあるけれど、 やっぱり、ここに来たからには、情報発信していかない…

【お出かけ】手つかずの自然が残る、ブータンのど真ん中・美しい場所

前回の記事からまた一か月たってしまいました。 一日一日は長く感じるけれど、でもふと振り返ってみると、 もうすぐブータンに来てから半年がたちます。 そう考えると、早い。 6月末に、ボランティアの総会があり、活動についての意見交換をしたり、 先輩隊…

【出張ワークショップ】国を横断!体育の種まき

ずいぶん前のことですが、5月中旬に、出張をしてきました。 目的は、 ・monk(修行僧の男の子たち)の学校に行き、彼らに体育をする ・以前、私たちのような日本人ボランティアが体育を教えていた学校を再訪し、 生徒に体育をする もうすぐ帰国する予定の先…

【日常つれづれ】平成から令和へ 本当に大事なことって?

ブータンから、ネット中継で見てしまった。 平成天皇陛下の、最後のごあいさつ。 平成のはじめに生まれて、 ずっと平成を生きてきたからか、 とても感慨深かった。 そして、今日も見てしまった。 新天皇陛下のごあいさつ。 皇太子さまだったときに、ご接見で…

【学校】私が働く学校は

1ヶ月ぶりの更新です。 4月頭は体調を崩し気味でした。 熱が出たり、激しい頭痛に見舞われたり、 どこかで菌を拾ってきたのか 信じられないようなお腹の下し方をしたり。それまでは、辛いものもたくさん食べて ご飯も山のように食べて たまに洗ってないのに…

【仏教】突然授業がなくなり、お寺のプジャ(法要)へ

私の住む村のラカン(お寺)で、 ただいま盛大にプジャが行われています。 プジャとは、リンポチェ(仏教の偉大な先生)が遠方からその土地のお寺に来て、一定期間法要を行います。 それを、僧侶をはじめとして一般の人も、朝から晩まで聞きます。その期間の最後…

【仏教】仏教のお祭りに行ってみた

日本を出てから2ヶ月、 自分の任地に着いてから1ヶ月が経ちました。 少しずつ、記録に残していこうという気持ちが生まれてきたので、日々感じたことを書いていきます。 学校や、村の生活にも慣れてきたけれど、 どうしてもまだ日本のことが頭から離れません…

入国4日目 期待と不安と…

入国してから4日経ちました。 空港へは、山の間をかいくぐって着陸し、今までで見たなかでいちばんエキサイティングな風景でした。日本からバンコクへは、同期隊員と乾杯したりトランプしたりしながら楽しく過ごし、 バンコクからの移動では、気づかないうち…

ブータンへ向けていざ出国 迷い、決断した日々

はじめまして、cradleです! 今日から2年間、南アジアの小さな国『ブータン王国』に行ってきます。 首都から遠く離れた村の小学校で働かせていただきます。成田空港に向かう電車の中で、この記事を書いています。この日を迎えるにあたり、いろんな出会い、 …